東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 蒟蒻を買いに鹿沼へ
2010年02月08日 (月) | 編集 |
20100208093005.jpg

プチ家出も段々飽きてきたモンで、次は何かと言えば、歴史探訪か、美味発掘をプラスってことになるんだろうなと。


歴史探訪には、信心詣でってのもあるわけだし。


でもって、自宅から真っ直ぐ真っ直ぐ真っ直ぐ真っ直ぐいくとですね、東武線にはいって、会津や日光まで行けるのは地図上はわかってる。


日帰りじゃ勿体ないのでこれは別日に。

取りあえずコロプラスタンプを二つ三つと、何かないかなと。

「らきすた」で有名になった鷺宮神社。
「足利学校」再訪。
「餃子」を食べに宇都宮。


丁度来た電車が日光行きで、ま、鹿沼までが時間的には極北だ。


鹿沼土は、ベランダ園芸やる時にお世話になる。
地図上は結構人家がありそうだ。

新鹿沼に降りたら、確かに、それまでの畑・里山風景(遠くに白い日光連山)よりは町屋があるが、駅前という感じでもない。

そのママ戻るには40分近い待ち合わせ時間。

思い切って出てみた。

ポツンと食堂、開いていない寿司屋、あとはココス。


こうなったら地元でしょ。

食堂のドアを開けたら、小父さんと小母さんがお銚子を挟んで、昼酌中。

小母さんに「いらっしゃい」と声を掛けられたので、「カツ丼」注文する。


待っている間、流れていたのはローカル放送で気がついた。

「あ、此処はU字工事で有名な栃木だ」

揚げ音と共に出てきたカツ丼は、あつあつはふはふで、醤油味が濃いめの好みの味で、会話に戻った小母さんと、所在なさそうに待っていた小父さん。

「あ、栃木弁だ」


結構優しい音と節回しで、普通の栃木弁堪能。




すぐに上り電車の時間で、どたばたと戻って、駅売店で「鹿沼こんにゃく」を買う。

買ってから気がついた。
ずっしり重い。

覗いたら色の濃い蒟蒻で、滅茶苦茶美味そうだ。

昨日の収穫「普通の栃木弁」と「鹿沼蒟蒻」


http://forget-web.hp.infoseek.co.jp/hougen/shimothuke.html


プチ家出も段々飽きてきたモンで、こんだ何かちば、歴史探訪か、美味発掘をプラスってことになるんだんべなと。


歴史探訪には、信心詣でってのもあるわげだし。


でもって、自宅からまっつぐまっつぐまっつぐまっつぐいくとですね、東武線にはーって、会津や日光まで行けるのは地図上はわかってる。


日帰りじゃ勿体ねぇーのでこれは別日に。

取りあえずコロプラスタンプを二つ三つり、何かねぇーかなと。

候補)「らきすた」で有名になった神社。
「足利学校」再訪。
「餃子」を食べに宇都宮。


丁度来たった電車が日光行きで、ま、鹿沼までが時間的には極北だ。


鹿沼土は、ベランダ園芸やる時にお世話になる。
地図上は結構しと家がありんだ。

新鹿沼に降りたら、確かに、それまでの畑・里山風景(遠くに白い日光連山)よりは町屋があるが、いき前ちゅ感じでもねぇー。

そのママ戻るには40分ちけえ待ち合わせ時間。

思い切って出てみた。

ポツンと食堂、開いてえねえ寿司屋、あとはココス。


こうなったら地元でしょ。

食堂のドアを開けたら、小父やんと小母やんがお銚子を挟んで、昼酌中。

小母やんに「きらっしょ」と声を掛けられたので、「カツ丼」注文しる。


待っている間、流れていたのはローカル放送で気がついた。

「あ、此処はU字工事で有名なとぢぢだ」

揚げ音と共に出てきたカツ丼は、あつあつはふはふで、醤油味がこたっこいめの好みの味で、会話に戻った小母やんり、所在なさそーに待っていた小父やん。

「あ、とぢぢ弁だ」


結構優しい音と節回しで、普通のとぢぢ弁堪能。




いっきに上り電車の時間で、どたばたと戻って、いき売店で「鹿沼こんにゃく」を買う。


買ってから気がついた。
ずっしりおめえ。

覗いたらえろのこたっこい蒟蒻で、滅茶苦茶美味んだ。

きにょーの収穫「普通のとぢぢ弁」と「鹿沼蒟蒻」
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
????? ?Υ???Υ??Ф?Ĺ??å??ä??
2010/02/09(火) 18:06:19 | http://worldnavigation.biz/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。