東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チビチビの認識
2010年01月13日 (水) | 編集 |
20100113091656
この所風邪も引かず御機嫌さんのチビチビ(ウチの事務所のスタッフの愛息子1歳8ヶ月)は脳味噌の発展著しいらしい。


彼とママを先におろして、車を駐車させているところを遠方確認して・・・

「ぱあぱあは~~~~~?」
「彼処だよ」
(指差し確認)

「ぱあぱあは~~~~~!?」

・・・・・・・

「にんげん・・・・・・・」



まあ、そりゃ君も人間だ。


是非そのシーンを拝見したかったところだが、御機嫌で保育園へ行っているモンで、あんまり事務所へやってこない。
偶にやってくると、ちゃんと頼んだモノを持ってきてくれたり、食べたいモノを発見したり、結構忙しい。

前ほど無駄な動き(落ちているモノを取りあえず摘み上げるとか、特定の引き出しを取りあえず開けてみるとか)をやらなくなったので、やたらと危ない感じはしなくなった。

目的意識がはっきりしているらしい。
それにしても「パパは人間である」という認識をどこから持ってきたのであろうか?

人間って面白いよねえ。




この所彼は、嫌なことやりたくないことを「さっぶいねえ」で表現していたらしいが、マジで昨日今日は「さっぶい」


ナンか何処かで、マンモスが「ぱおー」と吠えている気がした。

地球は氷河期に入っているのだろうか?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。