東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 自由が丘で夜遊び
2010年01月11日 (月) | 編集 |
20100111092937
ってか、最近夜は弱くて、2100には眠くなる可能性があるわけで、駅前タリーズで、エスプレッソワンショット追加のドリンクを飲んでから出かけていった。

老舗のライブハウス「自由が丘マンティグラ」三ヶ月にいっぺんのお楽しみ、フルハシユミコプレゼンツ。
★1月10日(日)★自由ヶ丘マルディグラ
http://www.jiyugaoka-mardigras.com/index.html

19:00~

<出演>

「東京ユカタンボーイズ」(中川公士G&VO、池田大計Ac、荒川匠Mn )

「ECNB改め村田食堂」 (村田哲郎G&Vo、村田彩子B&Vo) 
「フルハシユミコ」 (フルハシユミコVo、池田大計Ac、竹内武B)

達者な人がそろった。
「東京ユカタンボーイズ」
ほとんどライブ活動をしない人たちらしいけど、ヴォーカルは代々木のアイリッシュパブ「タラモア」(http://www.tullamore.jp/)の旦那で、あとはアコースティック歯医者さんで、見慣れた顔がいると思ったら、フルハシバンドのアコーデオン奏者の人で。


なんか良いぞ。

「同級生なの」なんて師匠が紹介していたけど、それも凄い。

受けたのが、お客さんの「歯科技工士」さん。
一見ベテランミュージシャンだろうと思っていた小父様。
雰囲気醸しだし一番。


次は湘南のデュオ「村田食堂」
こっちは正月にバンド名を変えたそうで、本邦初公開の「村田食堂のテーマ」ひっさげて登場。
http://stagefright.blog5.fc2.com/


ヴォーカルのお兄さんの声の突き抜け感が、なかなか秀逸。

で、フルハシバンド。

今回は馬頭琴の分量が多い。

彼女は普通にシンガーソングライターなのだが、楽器のバリエーションと、飽くなき探求が次のコラボを生んでいく。
アコーデオン担当者さんが、かわいい鉄琴を真剣に弾いている姿が面白かった。

さて、寒いけど、気持ちの良い夜は更ける。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。