東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ギモーヴを摘みながら
2009年12月06日 (日) | 編集 |
20091206092510
ギモーヴは好きなのだ。
要するにマシュマロでありまして、何処がギモーヴかというと、そりゃアメリカっぽいギトギトの香料をじゃなくてね、天然ぽい感じ。
フワフワもちもち。

クリスマスプレゼントに頂戴し、昨日、夜のうちに食べちゃった。


昨日は市ヶ谷へ小田さんの一点物を見に行き、「おお、やっぱり小田さんだと」と独りごち、残念ながら御本人には会えなかったで、その足で、老師の眠るイグナチオへ行き、丁度昼のミサに参加し、久しぶりにミグに逢い、ミグの親分達に美味しいチーズをご馳走になり、宝塚できらきらしてみた。


そりゃね、「便りのないのはよい便り」なんて悠長なことを言っていられない事態に陥って、丁度一週間。


基本無宗教者ではありまして、でも無神論者ではない私としては、イグナチオのつたない日本語の司祭さんの話も悪くない。

何かを願うには佳い空間。


宝塚雪組バウ公演は、実験劇場で、お目当ての研一娘役さんをバードウォッチング用双眼鏡で追いかけて、「おお、やっぱり美人じゃん。次は台詞だな」なんてお楽しみの空間である。

相変わらず客層が面白い。

待ちは辛い。
でもな、待つしかない事も多い。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。