東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 馬とおでんと新酒
2009年11月20日 (金) | 編集 |
マーくんの健康診断がてら、馬頭琴のレッスンに参上。
いやいや~~~~、先は長い、道は遠い・・・・んだが、いわゆるドレミファを教えてもらったので「キラキラ星」は案外近い。

先日のバトオチル師コンサートの解説をしてもらった。


プロの解説は、テレビにしてもイベントにしても、かなり楽しい。
アマチュアとしては、多分変なところが気になる。

馬頭琴で、小指がいきなり弦の下に潜るとか、ちゃんとレッスンを積み重ねている人たちには当たり前のことが引っかかる。

それを解説してくれる人がいることは素敵なのだ。

テレビの「感動的ドキュメンタリー」にしても、それを苦労して作り上げたディレクターのぼやきを聴きながら、酒でも飲んで見ているのは100倍くらい面白い。

ただし、これは一般の飲み屋空間では出来ない。
普通の人々にショックを与えちゃ、そりゃプロとしての自覚に欠ける。

これはあくまでも、壁のこちら側に居住する人間の、普段結構苦労している事に対する、ほんのたまのご褒美にしておこう。


ってなわけで、閑話休題。

次回のレッスンは12月4日を貰った。

ドレミファだって奥が深いんだぞ。
ちなみに、馬頭琴(外モンゴルバージョン)は開放弦ファから始まる。

ふむふむメモメモ。


ってなわけで、昨日はボジョレー的新酒の日。

50年来最高の出来らしい。
ついでに、簡易瓶で安い。


自宅に戻ったら到着していた。


確かに美味い。

次の50年後は、間違いなくこの世にいないので、味わっておこう。

あまりに寒くて、つまみはこの季節初自宅おでん。


一本400円で購入した「決算ラベル破れスペイン赤ワイン」も悪くない。
素敵♪
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/11/20(金) 17:33:17 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。