東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 シーラカンス30センチ
2009年11月18日 (水) | 編集 |
20091118084230
シーラカンスの稚魚動画でしょおお、これみたいですよねえ。
目の前で。





きっとこれだけのためにダイビングのライセンス撮っても良いんだろうなあ。
実際成体の剥製、東大駒場で展示されていたのを見た事がある。

馬鹿でかいそれは、至近距離で見ると、魚の領域を超えている脳味噌を持っている気がした。
タンザニアから東京工大に寄贈されたものを、「進化学の世界」展示企画のために提供された2メートルはあろうというゴツゴツ感は凄かった。
http://www.evolution.bio.titech.ac.jp/f_research/cichlid/coelacanth/

今回のチビ助は30センチだから、稚魚というには大きいけど、そりゃそれで可愛い。


東大の博物館は駒場も本郷も時々面白い事をやっている。
大体無料でお勧め品。

事務所のチビチビは最近めっきり医者通いが多い。
別に病気じゃなくて、時期的に予防注射極大。


おかげで、病院の門をくぐった瞬間にスイッチオン。
泣く事にしたらしい。


事務所にやってきてランチのお手伝いをやっているところを見ると、確実に会話が成立している。






ママの目を見て、自分のやりたい事を催促、ついでに「駄目」といわれてむくれる。

そろそろ80センチ12キロ。


シーラカンス30センチは、どのくらいで2メートルになるんだろう?


獅子座流星群極大は天候に阻まれた。

さてさて、明日は馬頭琴。
週末は流山。
三連休のどこかで横濱へ行こうか考え中。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。