東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ヘソあんパン襲来
2009年10月07日 (水) | 編集 |
20091007092643
「激烈颱風」18号の天気図を見ていて思った。

美味しそうな形だなと。

そう、木村屋のヘソあんパン。

颱風の目の場所に塩漬けの桜。


颱風倶楽部としては、とんでも無いことにならないことは祈っているのだが、やっぱり心が騒ぐ。

ってな気分で夜中の台風速報をNHKで見ている。


今日は汐留、明日は台場に出没予定。


ふむふむ。

この所、手続きの嵐で、複数の金融機関に大量の書類を抱えて出かけていく。
庶民的金額なので、実利的には大した物ではないのだが、銀行によって全く対応が違うのが面白い。

窓口の若いお姉さんがおたおたして、先輩が大活躍のM。
いきなり奥の応接間に通されて、中堅のお兄さんが世話を焼いてくれたのは良いのだが、書類が他より大量に必要なめんどくさいM2。
専用窓口で、鈍くさいおばちゃん社長(ご主人が亡くなって、否応なしにあとを着く羽目に陥ったらしい)が身分証明書も持たずに口座開設に来ていて、それに何故か税理士と弁護士とその弟子がオロオロと付き添っていて大量の時間が掛かりうんざりしたのだが、気の利いた窓口世話役のお姉さんが予約専門セクションを開けてくれてあっさり手続きは終わったM3。

そういえば、銀行はMのイニシャルで始まるのが多い。

やっぱりmoneyか?

それにしても、M3で出くわした会社の先行きが若干心配だったのは余計なお世話なんだろうな。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。