東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 雨・雷・・・晴れ名月
2009年10月04日 (日) | 編集 |
20091004073103
何だか一杯な1日だった。

渋谷から直通の湘南新宿ラインで、取りあえず逗子まで。
目の前に横須賀行きがいたので乗ってみる。

トンネルを抜けたら軍艦だった。
そうだよね。
「港のヨーコ横浜横須賀」♪

折り返し逗子まで戻り、タクシーを捕まえる。

「じゅうにしょ」の「すいげいかん」まで。


大体十二所は「じゅうにそう」と読むらしい。
なおかつ地元タクシーの人でも「酔鯨館」を知らない。

住所で山道を上がって貰い辿り着く。


不思議な不思議な空間でした。
取りあえず鯨を捜してみたが・・・・アヴァンギャルドな椅子と、一角獣とクリーチャーとシーラカンス。


愛された故人を偲ぶっていう以上に、今も其処にその人がいる感じ。

大雨が降り出し、雷まで鳴って、まだ66歳じゃ、アッチ側へ行きたくなかったんだろうなと。

石井さんの90歳を見てみたかった。
日本人の男の「格好いいじいさん」のひとつの姿としてね。


気遣いの人らしく、人が引け出す頃には晴れ。

おいとまして、折角だから鶴岡八幡宮まで。

丁度、4日の流鏑馬リハーサル中。

コロカ取り扱いを始めた「あきもと」漬物店で、なめ味噌なんてものを買い込む。

金山寺は大好物。


江ノ電に乗り、中央林間経由で戻ってきた。

その頃には、そらは群雲。

間に○が見える。


そう、中秋の名月。


何でもありの1日。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。