東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 実録8月15日
2009年08月16日 (日) | 編集 |
20090816060657
南大塚と千石三丁目に用事があったので。

まず、「東京メトロ・都営地下鉄一日券」を買う。

買った以上は乗り倒してみる。
「コロプラ」で、マーキング出来ていないエリアを一気に潰そうという魂胆である。

桜新町→(田園都市線)→渋谷→(副都心線)→和光市→(副都心線)→池袋→(丸ノ内線)→新大塚→「マナカフェ」(新規オープン知り合いのハワイテイストカフェ)→(徒歩)→千石三丁目界隈探索(四国から上京してきたダディ一族が最初に居を構えたあたり)→千石→(都営三田線)→蓮根→(都営三田線)→大手町→(東西線)→西船橋→(東西線)→門前仲町→(都営大江戸線)→青山一丁目→(銀座線)→渋谷→(東急フードショーで「十勝おはぎ」ミニおはぎ三種セットを購入)→(田園都市線)→三軒茶屋→(「FLO」でオリーブを購入)→事務所→(バス)→弦巻中学校


私が「靖国神社に行かなかったわけ」

旅程では「西船橋」から真っ直ぐ戻ってくれば「九段下」につく。
大手町駅の複雑怪奇な乗り換えで、高齢かつ元気な声がした。

黒っぽい衣装を着た普通のおばあちゃまは一人で、80は超えているだろうと思われるが、ウチのマミィと同じく、案外女性は元気で、別に一人歩きに問題があると思えない。
何しろがらがらの電車で、目に着いたのだ。

「靖国神社にお詣りに行きたいんですよ」
都営三田線大手町駅ホームに、駅員の姿が見えなかったので、おばあちゃまは、その辺を歩いている普通の客数名に向かって、結構でかい声で聴いている。

「ああ、そりゃ東西線に乗らなきゃ。複雑怪奇な乗り換えできるのかな」

声を掛けようとしたら、人の良さそうな親父さんが世話を焼いている。


黒っぽい衣装は、法事に臨む喪服だったのか。
小柄なその女性は一人で靖国神社に「お詣り」に行こうとしていた。

私は「自分がどこから来たか」考え中で、その一貫で「靖国神社に行こう」としていたわけで・・・。


テレビを見ていたら、あの界隈での終戦記念式典に参列する遺族の方たちの高齢化を盛んに言っていた。
そりゃ終戦後64年が経つ。

そっか、自分が自分の都合で「行く」のは別の日にしよう。

家族で花見をしていた千鳥ヶ淵も、靖国神社みたま祭もあるわけで。


ウチについたら、母方の親類から、故郷グッズ何でも盛り込み宅急便が届いた。

さすがにお盆らしい。

笹団子から小茄子まで。

お盆で終戦記念日で、そんな1日。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。