東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 やっぱり本を読もう。
2009年08月13日 (木) | 編集 |
20090813050340
毎年この季節は、何だか「お盆休み」。
別に今年が特別というわけでもなくて、子供の頃は母方の故郷、今はすっかり寂れてしまった町で過ごした。


雁木で有名な、その町の、祖父母の家は、既に取り壊されてない。


まあ、親戚は一杯いるけど。

月曜日に偶々、遠縁の男の子に逢って、そりゃ縁繋がりだが、初対面。
そんでもって、彼の実家も、同じ町で、昔のことをちょっと思い出したりしたわけで。


「お盆休み」ってのは、日本中で、こんな記憶の集積と再構築が行われているのだろう。



どうも遠縁具合が良く解らなかったんで、もうちょっと近い親戚に聴いたら、「母方の叔父貴の嫁さんの実家の分家の孫息子」らしい。

こないだウチから、これまた別ルート、「剣山」方面も気になっていて、とはいえ、夏休み季節でも終わったら、本格的に着手しようと思っている。

「自分はどこから来たんだろう」


結局昨日は事務所の掃除と、たっぷり頂戴した野菜の山と、「コロプラ夏の大冒険」で忙殺されて、本を読まなかったし。


今日は夜から「T-REXの会」拡大お盆バージョンで、人と逢う。
それまでの間に、ナンとか一冊本を読もう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。