東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 だまし絵を見てきた。
2009年08月11日 (火) | 編集 |
20090811054312
颱風9号進行中。

先日の山口に続いて、今度は兵庫・岡山・徳島で、かなりの被害だ。

昨日は午後出かける予定で、レインコートに長靴等々、フルドレスで出かけたら、東京地方はそれほどでもない。

確かに、品川の運河も、その辺の川も増水で、そりゃ朝のうちのゲリラ豪雨のおかげなんだろうが、湿気ばかりが重くてまいっちゃう。


天王洲で仕事を済ませたあと、渋谷に回ってみた。
朝から、「こんな日だからBunkamura空いてるよね」だったので。

案の定ミュージアム「だまし絵」。
多分、もうすぐ終わるにしてはベストの鑑賞状況。

「だまし絵」というくくりが、ジャスト填っているかどうかはともかく。
絵描きというものの脳味噌は、やっぱり面白い。


看板になっているジュゼッペ・アルチンボルド 「ウェルトゥムヌス(ルドルフ2世)」、つまるところ野菜の王様は、トップをこういう形で表現することの諧謔性を含めて、日常に介在するパラレルワールドってな感じで、結構好きなのだ。

ダリもマグリッドも、こちらは「だまし絵」というより、きっと絵描きの目にはこう見えていたんだろうなと。

まあ、個人的には久しぶりにエッシャー実物に当たりついたのが嬉しい。

正直、相変わらずBunkamura的、コレクションの仕方が雑駁なのはご愛敬として、最後の立体動く絵画は、全く普段美術展には足を運ばないだろうなと思われる渋谷カップルズの感嘆の声だけでも、こりゃこの美術館のキュレーターの勝負なんだろう。


確か今週末まで。

颱風は今日過ぎちゃうので、混雑覚悟でどうぞ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。