東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「超ラブラブ」な感じ?
2009年08月07日 (金) | 編集 |
「超ラブラブ」考。

別に北川景子とバレエ王子ではない。

ウチのスタッフの愛息子君に愛人発覚ってのが、この所のネタ。
えっと、一歳4ヶ月。
保育園に、「超ラブラブ」な男の子の存在発覚。

毎朝保育園で、お互いを指差し確認、ニコッと笑いかけ、ぺたっとくっついて、一緒に遊んでいるらしい。

男の子同士なのだが「超ラブラブ」はすべてを超えるのだ。



まあ、「愛情」の本質ナンてそんなもん。
三才までは記憶がないからなあ、なんて、大人的思惑は幻想かも。

大原麗子さんが亡くなった。
「少し愛して、ながーーーく愛して」サントリーレッドの名CMしか記憶にはないが、それにしても、六本木野獣会なんて不思議な団体もあったんだよな。


「一家に二人、男はいらなかった」

あの森進一が「弔辞」コメントを出している。


酒井法子さん相変わらず行方不明。
「自称」プロサーファー結婚当初から、不思議な違和感と、あの目の鋭さか。
息子さんは、最初から連れては行かなかったらしい。
さてさて。


どうも、お塩先生は、「かっこつけのヘタレぶり」全開中らしいし。

「超ラブラブ」は何処へ行ったんだろう?

「コロニーな世界」は人数制限に成功して、貯金モードに突入。
コロニーナンバーは352527
リアルに移動すると点数が貰えます。


明日は東京湾花火ディで、相変わらず、ゆりかもめか台場で見ようかと。

その前につくば美術館で「和紙素材展覧会」開催中で、見にいこうか。
「紙ノ力」-直ノ紙展-
茨城県出身の和紙作家坂本直昭さんの個展。
「紙ノ力」をテーマに、手漉き紙を渋柿、藍、墨、土などで染めた作品や屏風、照明作品など約200点が展示されている。
http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/2007/2007index.html

友人からの熱烈プッシュ。
初めて終点まで「つくばエクスプレス」に乗るか?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。