東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 御先祖様は何処の人?
2009年07月17日 (金) | 編集 |
20090717042411
ちょっとばかり、ルーツを辿る旅でもしようかと。

父方の曾祖母の記憶はない。
写真に残る彼女と私のツーショットは、ちいちゃな姿と、目線の先に、記憶前、多分2歳くらいのもっとちいちゃな子供。

桜新町から小石川宮本町は記録にある。
改製前戸籍とかいうやつ。

つまりコンピューター化された今時の戸籍謄本以前の記録。

その時々の担当者の字で読みにくい。
大体達者な書き込みだが、アル意味、超苦手な中世荘園文書に似ている。

で、小石川宮本町は、文京区千石二丁目あたりか。
宮本町会が残っている様なので、割と簡単に辿り着きそうだ。

爺様は、戦争中に此処から桜新町に疎開してきている。
その当時の桜新町は、世田谷文学館にも展示されているいわゆる文化人村だったらしい。



で小石川前はってと、四国なのだ。

本籍は旧・穴吹町(現・美馬市)で、多分その前がある。

曾祖母がよく母に言っていたらしい。
「おひい様が下から昇る。剣山の山奥の村」
穴吹町の住所は、其処から出てきた後のモノらしい。


さて、此方も戸籍謄本取得中。


剣山の山奥へ。

ちなみに、母方は、どうも徳川さんにくっついて、京都方面から北の町へやってきた大工の棟梁一族らしい・・・。


某巨大神社の改築工事を手がけたと言われている。

さてはて。

ルーツを辿ってみる。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。