東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「うざい」考現的
2009年07月05日 (日) | 編集 |
20090705035415
20090705035409
「うざい」と叫んでみる。

ご機嫌麗しゅう、流山から戻ってきて、そりゃ、時間があって寄り道したマッサージと酸素吸入の効果も、コールドストンクリマリーズの期間限定ピーチ味も、学校のお授業の成果もあるんだが、自宅駅まで戻ってきたら、大量のワラワラとした集団が溢れていた。


某政党の駅頭だったんだけど、まあ、そりゃ特徴的な人の集まり方で、こういう集め方をするんだったら、何処か集会場でも借りるか、自分のトコでやりゃいいんだろうだったわけで、階段から抜けるのに、邪魔くさい。
思わず「うざい!」
毒づいてみた。


この言葉については、こんな感じ。
http://gogen-allguide.com/u/uzai.html


確かに1980年代から、やたらと若者言葉として耳にする事が多くなった。

そりゃ、虐めの最たる表現法でもある。

語源「うざったい」は元々東京多摩地区にあるらしい。

もっと遡ると、江戸語「うざうざ」「うじょうじょ」なんてのが出てきた。

似た種類のモノが沢山集まっている様子や、つまらない事をくどくど言う・・・・・・ありゃ、言い当てたか。

「鬱陶しい」「わずらわしい」「うるさい」「面倒臭い」「気持ち悪い」「邪魔」。

やれやれ、かなり荒い言葉なので要注意。


新しい一週間を構築中。


昨日の残念は、熱い漢「石川實」関連イベントがバッティングしちゃっていけなかった事くらい。

写真展も早々に見てこよう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。