東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 梅雨空っぽい
2009年06月30日 (火) | 編集 |
20090630054214
雨が降らないなあ、なんて思っていたら、すっかり梅雨に戻った。
ジタバタドタバタの2009年6月最終日。


忘れないんだろうなあ、この月。

そういえば5月から色々あったよねえ。

一昨日やってきたモスアゲートをじっと見ていると、何だか地球っぽい。
蒼空から眺めた雲の懸かった星。


アゲート(瑪瑙)といってもはっきりした縞模様はない。
その辺が天眼石よりも自然っぽい。


別の鉱物が内包されたカルセドニー、モスアゲートってことらしい。

カルセドニーの中に二酸化マンガンやクローライト(緑泥石)などの内包物が入っていて、樹枝状・苔状模様の天然石がデンドリチックアゲート。
その中で、とくに緑色が目立つのがモスアゲート。
成立から言って、やっぱり地球っぽい。

モスアゲ―トの内包物は、二酸化マンガンは黒、緑泥石は緑、鉄鉱石は赤い色。
手許にキタノはジャスト緑色。
若干白の雲が多めかね?

緑泥石が苔状もしくは草木状模様を内包するものだけをモスアゲート、黒や赤の内包物を持つ天然石は、モカストーン、またはデンドリチックアゲートと区別する事もあるらしいので、本筋のモス。

庭状のヤツは、盤渓っぽい鑑賞法をする事もある模様。

安定運と安心感、そして森林浴の代わりもなるパワーストーンだって。


何だか普段にはしっくり来るかも。


携帯のネックストラップには、誕生日に貰った天眼石をぶら下げて置いた。

地球が生み出したモノは面白い。

鉱石に填った宮沢賢治にしても、我が敬愛するますむらひろし御大にしても、又読み直すかなあ。


さて、7月。
世間的な夏休み気分より、多分秋に向けて仕事の季節。

プールにでもいって、クリンナップしてきましょ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。