東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 香取レシピと「花」光臨
2009年06月11日 (木) | 編集 |
20090611063913
何しろ「カレー」と名のつくモノは大好きなのだ。

事務所で宴会をやるときも、寸胴鍋一杯のカレーを作る。
大体ごろんと塊の牛肉の入った、まあ西洋風というか、ジャパニーズスタイルの洋食。


「ストックペーストカレー」香取レシピに出くわして、興味津々。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/412390226X/mixi02-22/

大体いいかげんにで来ているモノで、真面目に分量を量るのはお菓子ぐらいなわけで、今回もそれに近い。

目分量。

問題は段取りと、何を入れるか、炒める時間。


メインになる、クミン・カルダモン・ターメリックあたりは、カルディ・東急ストア・ピーコックを廻って、大瓶を手に入れる。
ピーコックに「キーマカレーユニット」があったもんで、念のためにひとつ。
もういっちょ、その隣に「本格お家スパイスカレーフレーク」もあったわけで、これは「いざという時」のために。


昨日既に玉葱ペーストは出来ている。

ハナマサで入手の、豚挽肉1.2キロに、トマトソース瓶詰めひと瓶とスパイス各種を揉み込む。


でっかい鍋に、そのまま放り込んで、炒める炒める。

レシピじゃ生トマトだけだったのだが、何だか夏気分なわけで、茄子を5本ばかり、挽肉炒め後の鍋で焼き付ける。

昨日の寸胴に玉葱ペースト、挽肉、トマト・・・・この辺はレシピに忠実。

香りペーストは、大分前のガラムマサラが残っていて、香りが抜けちゃってるかなあ。

カレーキットに入っていたのも放り込む。


ご飯は五穀米入りにしてみた。

美味い!

ユニットに頼らずに、単品のスパイスで十分いける。


いつものコッテリホームメイドカレーも好きだが、これ、本格だぞ。

お腹に優しい感じがするのだ。

いつもみたいにワインを一本放り込むなんて、アバウト且つ男らしい料理の仕方ではないわけで。
それでも大分大雑把だが、十分美味い。

友人が何人か食べに来てくれた。

ワイワイ話していたら、「花光臨」

大舞台一年生が、東京へ久しぶりに帰ってきて、顔を見せてくれた。

いやあ、久しぶりに会ったんだけど、滅茶苦茶美人さんになっていて、まだ19歳だけど、ちゃんと大人の話し方をしていて、昨日遊びに来た大学三年生と続いて、「今時の若い奴は凄い」と思わせてくれたのである。

重畳・重畳。

何だか、妹の変化に呆気にとられている感じの、彼女のお兄ちゃんも、イケメンになっていたぞ。
一生懸命、前を見据えてる。

お、格好いい。

ってなわけで、佳い1日だったのだ。

まあ、色々あるけど、私は元気です。

アゲアゲでいこうかなあ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。