東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 蒼空を越えて~~~♪
2009年05月31日 (日) | 編集 |
20090531051531
20090531051525
「がっこうの先生」前に、江戸東京博物館「手塚治虫」展へ。


膨大な量の直筆原稿が凄かった。

鉄腕アトムは勿論で、「ワンダースリー」「どろろ」「火の鳥」「リボンの騎士」あたりが大ツボ。
「とって~~~も好き♪、ポッコプッコノッコ。☆から来た仲間~~よ♪」


これ結構悲しいエンディングだったんだよね。

「火の鳥」は、全巻持っているので、あの直筆原稿がそのまま印刷されて手許にある。


一澤吉三郎帆布とのコラボトートが、やたらと素敵だったんだが、一万二千円はちょっと高い。

もう一回行っても良いかも。
程よく混んだ会場内は、ひたすらひたすらあらゆる年代の連中が、同じ目をして展示物を覗き込み、歓声を小さく上げ、物思いにふけっている。


常設展に廻って、「えどはく寄席」
勿論、気楽な30分ばかりのイベントで、若手の落語と色物。
「春風亭昇吉」
「めおと楽団ジキジキ 」




そこから、「がっこうの先生」
流山のコールドストンクリマリーズは、そんなに混んでいない。
「ブラッシングマンゴークラウド」にアーモンドミックス。

ちょっと早めに行って、四年生の就活のお手伝いもする。

今年は大変そうだが、本来的な自分の在り方を考えるには悪くない。
といいつつ、あの年代に自分が考えていた事って、何だったんだろうなあ。
そういえば、結構な就職難で、アワアワしていた気もするし、割と遊び気分でウロウロしていたような。

さて、8回分のプログラムをどうするか。


ドブログは昨日を持ちまして、見事に閉鎖。
あれだけ大手がみっともないとしか言えないんだけど、あの場所で出逢った皆さんとの時間を含めて、感謝しておこう。

そういえば、あれを教えてくれたのは、もうすぐ命日が来る同世代の友人だった。

墓場まで・・・か。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。