東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 今日の一言0522
2009年05月22日 (金) | 編集 |
20090522084307
今日の一言・・・ってか結構長いけど。

幕末の僧、釈月性の詩『將東遊題壁』


男児立志出郷関 
学若無成不復還 
埋骨何期墳墓地 
人間到処有青山 

男児(だんじ)志を立てて郷関を出づ
学、もし成らずんば、復、還らず
骨を埋む、何ぞ期せん墳墓の地
人間(じんかん)至る処、青山(せいざん)あり


釈月性さんは日本人、幕末勤皇僧。
周防国(山口県)の遠崎村妙園寺住職。
尊王攘夷を声高く唱え、海防を論じ、海防僧といわれた人。
吉田松陰ともお友達。
ペリー浦賀来航から、安政元年、阿部老中が仮条約を定めて、下田・函館・長崎で鎖国を解いた時、これを非難し大騒ぎになった。
四十二才で病没、憤死したともいわれる。

まあ、日本が変わろうとした時代の、アル意味意気軒昂な青臭さを象徴する詩ではある。


でもなあ、人間至る所に青山ありってのは、悪くない。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。