東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 こんな理由
2009年04月22日 (水) | 編集 |
20090422053907
「動物が逃げた水族館・動物園職員」

裁判員制度で、辞退可能な事由データベース。
一番受けたのはこれなんだけどな。
それ以外にもこんなの。

「金融業(トレーダー)」
相場が乱高下した場合など、市場動向を見守る必要がある
「6歳未満の子供がいる共働き夫婦」
入園式や卒園式、行事などに子供が両親の参加を望んでいる

「青森県下北半島の住民」
12~3月の積雪期は道路状況が悪く、裁判所に行くことが困難


「派遣労働者(一般事務)」
出勤日数が少ない月は収入が減少する

「派遣労働者(製造業)」
派遣契約期間の満了後、新たに就職活動の必要がある

「宮城県気仙沼市のマグロはえ縄漁業」
長期間出漁する必要があり、その間は帰港しない

「長野県伊那市の農家」
コメの収穫は総動員で行い、収穫が遅れると品質に影響

「マージャン店のプロマージャン師」
店や地方の大会が年に20回ほどある

「奈良市の住職や僧侶」
お盆やお彼岸の時期は非常に繁忙で、観光客も多い
「アマチュアスポーツ選手(ビーチバレー)」
国内で年間8大会ほどあり、代わりのペアを見つけるのも困難




あのですよ、これって裁判員制度の根幹が揺れてるってことじゃないんですかね?
私は呼ばれたら「喜んで」参加予定です。



昨日のフジテレビ「青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグ」で、微妙に感動した猫でした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。