FC2ブログ
東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 亡霊と妄想の五月?
2008年05月01日 (木) | 編集 |
20080501051217
20080501051215

まずは、起動しないパソコンとプリクラの束を引き取って、溜池は一段落。
既に新しい体制が動き始めている。
一回パズルの駒が弾け飛んだら、そこには他のスペアが嵌っていて、あっという間に、それはスペアではなくてオリジナルになる。
弾け飛んだ方は亡霊になっているのに気が付かないで彷徨うらしい。

自分がどうでも良いパズルの亡霊だったなんて、誰も思いたくないよね。
断片じゃなくて、オリジナルだって・・・そりゃ逃げないことでしか成立しない。
飽きっぽい自分が見つけた深遠の定理。
「逃げるな。継続だけが勝利に繋がる」
やれやれ。
これ結構難しい。

次は「妄想」かあ。
健常と非健常の間にある、原因不明理解不能のボーダーラインが点滅する。
結構長いこと生きてると、「常識」「一般」なんてモノの曖昧さは嫌と言うほど思い知らされていて、戦うためのマニュアルは個人レベルで構築するしかない。
そのあたり、一見「寛容」にみえるんだろうが、別に放置しているだけで、許容しているわけではない。
こっちも・・・やれやれ。

おや、五月だ。
五月病対策委員会・・・フル稼働中。

横尾忠則と菖蒲湯と・・・街角で興味を惹かれたモノ。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック