FC2ブログ
東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 地魚が美味かった日
2008年04月28日 (月) | 編集 |
20080428053641

何しろ三崎港は遠洋漁業の基地で、まぐろを売り物にしている。

それも、過疎の回避策なのだ。

元々、源頼朝に由来する歴史のある、のんびりした町。

京浜急行は、その昔目黒の高校に通っていた頃、「生物部」で、佳い季節になると、バケツと網を手に乗っていた。
油壺も、城ヶ崎の漁業研究所も、懐かしい。

直近は、知り合いの料理店の親戚筋が、三崎でお店をやっていて、ムックの取材に同行したことがある。

電車も旅気分だ。

三崎港は、観光地としては老舗なのだが、それでもイベント以外は人がいないらしい。

一過性より、永住をしたい魅力のある場所ではある。

人気の魚屋併設の食堂では、売り物にしたい鮪より、地魚が美味かった。

幸甚。
キャベツと路地裏の小さな干物店の烏賊・鮪の頬肉、観光センターで安くして貰った中トロの柵を背負って帰ってきたら、山形から山菜の到来物。
マミィが嬉しそうに天ぷらにしていた。

そんな季節なのだろう。

さて、今日は「嵐を呼ぶ0歳児」がやってくる予定。
良い天気♪
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック