FC2ブログ
東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 ビジュアル系映像作家?
2007年07月24日 (火) | 編集 |
女流という言葉も、学生という言葉も意味はない。
でもなあ、期待の新星?
こういう人が出てくるから世の中面白いのかもしれないなあ。 
「今日という日が最後なら」という映画が八丈島を舞台として現在製作中らしい。
ブログを読んだらもう仕上げか??
柳明菜という人。

一昔前なら才色兼備なんていう言葉で片を付けられちゃったんだろうなと・・・。
いわゆる映像系の人。
アメリカ留学時代に「米バッカイフィルムフェスティバルオハイオ州ショート部門優勝」。
帰国後テレビ東京「ASAYAN」で女流カメラマンオーディショングランプリという不思議なおまけ付き。

もう一つ自分が被写体になる側でアメリカでは「Yellow Springs High Schoolホームカミングクイーン」
このあたりは、学校の可愛い子クラスか?
慶応義塾大学藤沢キャンパス・ミスSFC QUEEN、そこから映画「約束の午後」(市川徹監督)ヒロイン、「ジョイフルまるやま着物モデル」「みずほ銀行ポスターモデル」「特命係長 只野 仁」出演なんていう経歴あり。

まあ、織作さんっていうほどのワールドワイドではないらしい。
知花さんほどのゴージャスではないらしい。(敢えて森さんは外しました)
でも面白そう。

 http://8jo.jugem.jp/?eid=5
 http://www.fruitblog.net/akina919/
スポンサーサイト