FC2ブログ
東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 巨星落ちる(12月25日)
2006年12月25日 (月) | 編集 |
悪口雑言風にいうとですねえ、ロクでもないヤツはのうのうと生きていて、才能は早く逝ってしまう。

そんなことを「のうのうと」生きながらえて、ま、色々トラブルはありますが、割と元気に暮らしている私がいうのは自己否定になりそうなモノではありますが、それにしても、無駄なヤツもいるなあ、なんて思っていた矢先、あの巨星ジェームズ・ブラウンの訃報が飛び込んできた。

18時台のニュースは、このところ続いた幼児の事故死を扱っていて、突然奪われた家族のクリスマスという切り口で放送していた。
幼児虐待は、自己都合で子供を作り、恋愛至上で子供を邪魔にする連中の話が多い。
それも何故か、田舎モノ達がそれだけしか楽しみがない風に、恋愛を持ち上げる。
勝手な奴らの戯言と、ふとした逢魔が時に遭遇した加害者被害者双方の苦しみは、一緒になるようでならない。
子供の命が失われる事の重さは、命ひとつ、同じ。
その辺の罪の分量が考えが及ばないところ。

個人的には岸田今日子の訃報の方がショックです。

「妄想するしか方法がなかった」
「もうそうするしか方法がなかった」
「ラフにはまって」
「裸婦にはまって」
「お客様用トイレ」
「お客彷徨うトイレ」

今年の「誤変換大賞」の優秀作品。
スポンサーサイト