FC2ブログ
東京の三毛猫です。街と自分と、色々考え中。
 だって夏至だもん
2006年06月21日 (水) | 編集 |
まあ、週末からドタバタしそうなのでありまして、さくっと家に帰ったわけです。
貰った鰹のタタキもあるし(納豆師匠ご馳走様です)。


帰り着いて、ウチのドアフォンをならした訳ですよ。
ぴーーんぽん。

「どなた?」(これが結構冷たい声なのですな。世の宗教系、もしくは一般勧誘系とりつくしまがないらしい)

「ただいま」

まあ、長年つき合っているので、声を聞けば戸を開けてくれる。

いつぞや、桜新町の大晦日イベントに出かけていって、勿論玄関の鍵は持って出たのだが、マミィは何を思ったか、チェーンロックをかけたまま寝てしまい・・・。

危うく除夜の鐘を聞きながら、ロックアウトされるところであった。
その時の彼女の一言「だってさ、起きていて、ちゃんとドア開けてあげなきゃ可哀想だ」

・・・厳寒の元旦の玄関で大騒ぎしている方が可哀想だ・・・。


そんでもって、今日のウチのマミィの一言。
「今日は夏至だよ。冬より四時間も昼が長いのに、何で早く帰ってきたわけ?」


お母さん、やっぱり貴女は私の母だ。


スポンサーサイト